すみやかに完了させたい!屋根塗装のスムーズな実施に役立つ情報を徹底解説

このサイトでは、家の老朽化で防水効果や遮熱効果が下がってしまった屋根を屋根塗装で改善させる方法を紹介しています。
特に最近では異常気象の影響で極端な暑さや寒さに見舞われる機会が増えて来ていますので、これまで以上に屋根を始めとした家のメンテナンスの必要性が高まっていることを強く認識しなければなりません。
そこで、いざという時に慌てない為にも、一連の作業で必要となる知識やノウハウをしっかりと身に付けておくと滞りなく工事を完了させることが出来ます。

すみやかに完了させたい!屋根塗装のスムーズな実施に役立つ情報を徹底解説

屋根塗装の満足度は業者の信頼と実績と強く結び付いていますので、トラブルを避ける為にも業者選びを慎重に行う必要があります。
更に、技術者の熟練度や経験値は工事の完成度に大きく影響されますので、屋根塗装によって防水効果や遮熱効果を高める為にも業者の技術力は業者選びの判断材料として欠かせない要素です。
つまり、あらゆる面でスムーズかつ迅速な対応をしてくれる業者を選ぶことが無事に工事を完了させることに繋げられます。

一般的な屋根塗装にかかる費用の目安

そろそろ屋根を塗りなおしたいけど費用がいくらかかるのか分からない。
こんなお悩みをお持ちではありませんか。
この記事では、屋根塗装にかかる費用の目安について解説していきます。
古くなってしまった屋根を塗り替えたいとお考えの方は必見です。
では、屋根塗装の相場価格とは大体いくらぐらいなのでしょうか。
金額は住宅によってもそれぞれ異なりますが、広さが30坪程度の住宅ですと、屋根をすべて塗り替えるのにはトータルで40万円から60万円が必要になります。
内訳としては、作業員が登る仮設足場の設置工事に15万円前後。
実際の塗装作業に30万円前後。
最後に機材を運搬するために5万円前後がかかります。
一般的に、住宅の屋根は10年から15年おきに塗り替えが必要です。
塗装は、住宅のイメージを変えるだけでなく修繕作業という意味合いもあり、とても大切な作業です。
ご自宅にできるだけ長く住み続けるためにも、この機会に一度、お見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

屋根塗装の準備として組まれる足場

屋根塗装をする際に、準備として足場が組まれることになりますがその際にお勧めなのが一緒に外壁塗装もしてしまうことです。
見積の際に内訳をみるとわかりますが、屋根塗装の料金で大きなシェアを占めるのが足場を組むのにかかる料金となっています。
そのため、どうせ組むのであれば一緒に外壁塗装もしてしまった方が節約することが可能です。
それぞれの施工を別々で行うと、その分料金が高くなるのでそのうち外壁も塗装をする予定であれば一緒にやってしまった方がお得になるケースが多いです。
屋根塗装だけで行うよりも、一緒に済ませてしまうことで手間だけでなく料金的にもメリットが大きくなります。
屋根塗装をする際には、こうしたコストパフォーマンス面も含めて考えるのが良いでしょう。
そうすることで、それぞれの施工の料金が安くなりますし工期も節約できるメリットがあります。
それぞれの施工は準備も似通った部分がありますので、おすすめの方法です。

屋根塗装の前に塗料の周囲への飛散を予防

屋根塗装の前には、塗料が周囲へ飛散するのを予防する必要があります。
屋根塗装を行うときには、霧状の機械を使用して行うことになります。
何もしていない状態で使用することで、細かい霧が洗濯ものや車など大事なものに付着してしまう心配が存在しています。
このようなトラブルを防止するためには、事前に養生を行っておく必要があるでしょう。
屋根や家全体を覆うように養生を行うことで、屋根塗装を行ったときに塗料が周りに飛散することもありません。
ご近所さんに迷惑をかけることがなくなってきますし、余計なトラブルを防止することができるので、家主の方も安心して工事を行えるようになります。
また、養生を徹底するだけではなく、屋根塗装の前にご近所に声をかけて、洗濯物などを事前に取り込んでもらえるように話を行っておきましょう。
大事な物を取りこんでもらえるように話をしておけば、洗濯物をはじめ塗料がついてしまう心配がなくなってきます。

屋根上の現状をチェックして屋根塗装の方針検討

屋根上の現状をチェックすることは、建物を守る上でも重要ですが、屋根塗装の方針検討の為にも大切なことだといえるのではないでしょうか。
屋根塗装の判断材料になるのは屋根上の状態で、雨漏りやひび割れなどが見られる場合は、速やかに業者に相談して調査してもらうことをおすすめします。
カビやコケ、色褪せなどの現状に留まる時は、雨漏りなどが発生していない限り、様子をみたりしばらく屋根塗装を検討することができます。
部材の交換を伴うメンテナンスは、施工から15年くらいが経過した時点でも可能なことが多いですが、塗装の塗り替えについては10年が目安です。
場合によっては5年で顕著な劣化が見られるケースもあるので、10年は持つからと油断しないことが大切です。
やはり大事なのは屋根上の状態を直に確認して、屋根塗装が必要かどうか、タイミングはいつか方針の検討に役立てることです。
DIYで施工した場合は別ですが、素人が塗装を見て状態を正確に判断するのは難しいので、劣化していると感じたらプロに判断を仰ぐのが正解ではないでしょうか。

著者:北浦力男

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
昨年自宅の屋根塗装を業者に依頼して完了。
自分の体験から屋根塗装の重要性についてまとめました。
横浜 屋根塗装